男女の立場が逆転した世界を描いたNetflixオリジナル映画『軽い男じゃないのよ』を見た

 

Netflixオリジナル作品『軽い男じゃないのよ』を見た。フランス映画だ。

 

f:id:bobourata:20180414164235j:plain

 

www.netflix.com

www.imdb.com

 

仕事でも成功し、イケメンで、女性を口説くのが好きな男が、ある日突然、男女の立場が逆転した世界に迷い込んでしまう。


女性中心に社会がまわっていて、男性は家事や育児に追われ、社会では不当な扱いを受けている。この世界の男性は、仕事で全く評価されないどころかちゃんとした仕事にもなかなかつけないし、容姿や身なりで価値をつけられるので、好きな服を着て、言いたいことを言い、自分らしく振る舞うと「男らしくないよ」と言われる。そんな世界に絶句する主人公。

男女逆転の世界に迷い込む直前に一目惚れした女性と再会したことから、話はロマンスの方向へ進んでいくが、ここでもよくあるラブストーリーが完全に男女逆転した状態で描かれていく。

 

しかしよくあるハッピーエンドでは終わらない。

最終的には、すべての人が男らしさ・女らしさに(意識的であっても無意識であっても)縛られて生きていることが、いかに自分の成長や人とのコミュニケーションの妨げになっているかが教訓的に描かれている。

この映画は、ラブストーリーではなく、最初から最後まで徹底したフェミニズム映画だった。

 


現実社会を女として生きている身としては、男女逆転した世界の中で戸惑う主人公の姿を爽快な気分で笑って見ていられたのは一瞬だけだった。

この映画は、現代社会に溢れる女性の不当な差別の現実を、ありのままに(男性に置き換えて)描いている。


性差別を客観的に見ると、いかにこの世の性差別が理不尽でおかしなことかがよく分かる。

当たり前なこととして受け入れてきた価値観も、客観的に見ると「こんなに変なんだ…」とゾッとする部分もあった。見ていて辛かった。

 

この映画の興味深いところは、女性がかわいらしく着飾ることが「女らしくない」とされているところ。

ようは、女性はラフでナチュラルでいることがいいとされる世界なので、ブラジャーをつけていなくても、メイクをせず外出しても「みっともない」と思われないのだが、スカートやワンピースを着たりハイヒールをはいたりメイクしたりすることは「女らしくない」とみなされている。

 

これは、現代社会に置き換えると、「男らしさ」という価値観が、時に男性の自由を奪っていることがあることを表現しているんだなと思った。

 

性差別は、男性にとっても、女性にとっても、自分らしく生きることの妨げになっている。

 

自分らしく生きられる世の中になるには、何が必要か?

 

この映画を見終わった後、

 

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェの男も女もみんなフェミニストでなきゃ

を思い出した。

 

 

以下、アマゾンから引用

「わたし自身の、フェミニストの定義は、男性であれ女性であれ、
『そう、ジェンダーについては今日だって問題があるよね、
だから改善しなきゃね、もっと良くしなきゃ』という人たちです。
女も男も、私たち「みんな」で良くしなければいけないのですから。」

ジェンダーが世界のすみずみで問題になっています。
そこでわたしは今日、それとは違った世界を夢想してプランを練りはじめたほうがいいと呼びかけたいのです。
もっと対等な世界を。自分自身に誠実であることで、
より幸せになる男性たちとより幸せになる女性たちの世界を。
これが私たちの出発点です。
私たちの娘を違うやり方で育てなければいけないのです。 
私たちの息子もまた違うやり方で育てなければいけないのです。」

 

www.kawade.co.jp

 

 

これを見た後、いろんなことを考えていたら、自分のためにも、周りの人のためにも、社会のためにも、性差別がなくなることが理想だけど、実現する?不可能なのでは…?と、逆に痛いほど現実に引き戻された。

 

きっと道のりは長いんだろうな…

 

知的好奇心が刺激される面白い映画だったが、同時に、とても絶望的な気持ちにもなっている。

ファンガールの動画と映画監督のビデオエッセイ

今朝ツイッターを見ていたら、かわいい動画にめぐりあいました。
とっても朗らかな気持ちになるのでぜひ見てみてください。

 

何かを好きでいるって愛おしい事だなぁと実感させられる素敵な動画でした。

好きで好きでたまらない作品の中にいた人が、自分の目の前に現れたら…って、想像しただけでも泣けます。何かのファンでいることって、本当に素敵だなと思いました。好きなものをずっと好きでいたい思いました!
 
 
もうひとつ。今日はTWDファンガールの動画を見た後、
ホン・サンスの『今は正しくあの時は間違い』の反復と差異を検証するビデオエッセイ”
なるものにも、めぐりあいました。ホン・サンスとは、韓国の映画監督です。 
 ホン・サンス作品特有のテロップと音楽づかいで始まるオープニング以外は、何が起こっているのか全然理解できない動画でした。話の内容も、英語の情報量にもついていけないし韓国語もわからないので、内容は全然理解できていないのですが、なんかすごいことやってるな、っていうのは伝わる動画で、ホン・サンスの遊び心にワクワクしました。
 
ムン・ソリという女優さんがもともと大好きで、その人がホン・サンスの新作に出ると知って、監督の過去作品を見たのが最初の出会いだったのですが、骨太な作品が多い韓国映画の中でも、少し異質な感じで、はじめは何が面白いのかよくわからなかったのですが、何作品か見ているうちに好きになりました。
最近の作品は見れてないのですが、「浜辺の女」と、ムン・ソリが出ている「ハハハ」と、イザベル・ユペールが出ている「3人のアンヌ」がお気に入りです。
 
私が思うホン・サンス作品の特徴は、登場する男性キャラクターが一貫して基本クソ野郎ってことです。そしてそういう男性に、感情をむきだしにしてぶつかる女性が、みんな最高ってことです。とても不思議な作風なのですが、人間のどうしようもない部分をすごく愛おしく描くので、見終わった後は、登場人物全員の事を好きになっています。でも、私ももう何年もホン・サンスの作品を見ていないので、今見返したら全然違う感想が生まれるかもしれないです。今度見返してみます。
 
 
たった数分の動画にも、その人の人生のドラマや想像力が目一杯詰め込まれていて、しかもそれを見て感動したり笑ったり驚いたりできるなんて、なんて素敵なことなんだろう!と、映像の可能性の果てしなさに心が躍った1日でした。最近、ずっと人に貸していたカメラのバッテリーが帰ってきたので、久しぶりにカメラさわって映像撮って遊んでみたくなりました。

小川洋子さんの「アンネ・フランクの記憶」

今日は、好きな本を紹介します。
 
小川洋子さんの書かれる文章は、背伸びした感じも何かを意識したり演じたりしてる様子もない、素直な言葉にあふれているので好きです。
 

特に好きなのは、「アンネフランクの記憶」。

f:id:bobourata:20161208231346j:plain

この本はエッセイなのですが、タイトルの通り、生前のアンネに触れるため、著者の小川洋子さんが、アンネにまつわるゆかりの地、生まれた時に住んでいた家から、通っていた学校、隠れ家、そして亡くなった強制収容所までを巡った旅の思い出を記したものです。

日記から感じるアンネは身近な存在だけど、生きる自由を奪われたアンネが感じた苦しみや怒りは想像もできません。何度読んでも、小川さんとアンネの人生をたどりながら、生まれた時代が違ったらアンネはどんな人生を送ったんだろうと、アンネの死を悔やんでしまいます。アンネの人生は今こうやって歴史に残っていますが、アンネのように悔しさや怒りを抱えながら亡くなっていった命は何百万とあることも、突きつけられる本です。

 
この本を読んで、一番衝撃を受けたのは、ユダヤ人は写真を撮ることも禁止されていたため、アンネの写真は13歳の時のものまでしかないという話。
アンネが暮らしていた隠れ家には、アンネと姉のマルゴーの身長の記録が刻まれた柱が今も残っていて、そこに記されたアンネの身長は、連行される直前には160センチ以上もあって、アンネたちのお世話をしていた関係者の証言によると、15歳になった頃のアンネはモデルのように綺麗な女性になっていたんだとか。
 
私がこれまで見てきたアンネの写真って、どれもあどけない少女という印象のものばかりだったので、写真を撮る自由も奪われるって、なんて残酷なんだろうと、改めてアンネの生きた人生について考えさせられました。
 

この本を読んで、今この時代に生まれて、誰からも邪魔されることなく自由に生きられていることにもっと感謝しないといけないし、だからもっとちゃんと生きなきゃいけないなと実感しました。

 

 

Orange Is the New Blackについて

『Orange Is the New Black』

Netflixのオリジナルドラマです。女性刑務所が舞台の物語。これを見ていると、ブリー・ラーソンが『ショート・ターム』の時のインタビューで「年齢や体型や人種や肌の色が違ってもみんな同じ。誰もが辛い体験や美しい話など、物語を持っている。お互いを許し、理解することが大切で、それができれば私たちは大きな家族になれる」って言っていたことを思い出します。

そのインタビューはこちらに載っています↓↓

dayslikemosaic.hateblo.jp

 

登場する受刑者たちがなぜ犯罪を犯したのか、ここに行き着くまでの背景も丁寧に描かれていて、みんなただ無茶苦茶やって捕まったんじゃなく、悲しい過去や深い闇を抱えていて、犯罪者とはいえひとりの人間なんだって事をすごく訴えかける作りになっています。

見始めの頃は、刑務所にいる人たちがとにかく怖かったけど、登場人物それぞれの人柄や背景を知るたびに、偏った見方をしていた自分にハッとさせられました。

 

好きなエピソードだらけなのですが、特に忘れられないのは、
Season 3  Ep13  信ずるは我のみ(原題:Trust No Bitch)
Season 4  Ep13  事実もみ消し指南(原題:Toast Can't Ever Be Bread Again)

 

f:id:bobourata:20161207162151j:plain

この画像は、このドラマの中で私が一番好きなシーン。一番好きな瞬間。刑務所を飛び出して、みんなが湖に飛び込んでいく。湖の中でみんなが浄化されていく。生まれ変わっていく。
このシーンの解釈は何通りもあると思います。私は、何通りの解釈をしたかわからないぐらい、何回もこのシーンを見ては、このシーンの中に込められたメッセージや意味を考えました。作り手たちはどうやって、このシーンを作り上げていったんだろって想像するのが楽しいんです。
私はこのシーンを毎日思い出して、色んなことを考えています。

「サンバイザー兄弟」観たけど、想像以上にバカで最高だった

現在、サンシャイン劇場で上演中の「サンバイザー兄弟」を観ました。
宮藤官九郎作・演出のオリジナルロックオペラです。

 

最初から最後までずっとバカバカしい。ストーリーも何がなんだかよう分からん。キャラクターの設定がぶっ飛び過ぎ。どこを切り取っても過剰としか言いようのないハチャメチャっぷり。ずっと意味がよく分からないから、必死に頭を使ってストーリーに食らいつくんだけど、それすらも無意味に思える。ずっとクドカンに「頭空っぽにして、とりあえず笑ってよ!」って言われ続けてるよな作品でした。そういう強引さで惹きつけられる感じが、新鮮で楽しかったです。でも歌は、ど直球なかっこよさでした。ライブ並みに耳やられる大音量で生バンド。特に怒髪天・増子さんのビューティフルボイスには理屈抜きで感動しました。

見終わった後、清々しいほど何も残らないのが最高によかったです(褒めてます)。こういうバカバカしさって、一周回って哲学的な感じもするので、すごく好きです。永野とか、レイザーラモンRGのネタみたいな、そんな作品でした(めちゃくちゃ褒めてます)。何も考えずに笑える時間は、大事だなと思いました。日々の暮らしの中で喜怒哀楽に翻弄された心が、いい意味でリセットできます。

  

この1ヶ月、久しぶりにいろんな舞台を観ました。
先月の終わり頃、新国立劇場で見た「フリック」は、3時間ワンシチュエーションでほぼ3人だけの会話劇。
先週、自由劇場で見た「壁抜け男」は、全編セリフなしの歌だけで構成されたミュージカル。
今日見た「サンバイザー兄弟」は、何でもござれなロックオペラ

表現はバラバラだけど、どれも物語の先にあるテーマは人生賛歌。この3作品を見て、舞台の良さを再確認しました。

 

最後に…

「フリック」のご紹介
私の中で、突然ソニン(おっととっと夏だぜ!の)ブームが到来して、ソニン見たさに行ったんですけど、本当に素晴らしい作品でした。再演があったらぜひ見に行って欲しいです。見たいと思うきっかけになった作品紹介記事のリンクを貼ります。ぜひ読んでみてください。

nyniche.com

 

 

「サンバイザー兄弟」東京公演は、前売り券は売り切れていますが、当日券があるようです。
大阪と仙台公演は、まだ前売り券販売中です。
興味のある方は絶対観たほうがいいです。大人たちが全力でくだらないことする姿って最高にかっこいいと思いました。素敵!!!!!

www.parco-play.com