bobourata

脚本の勉強をしています。見た作品の事とか考えてる事を書くと思います。始めたばかりです

『最後の追跡』という映画を見ました

日本では、Netflix独占配信されている作品です。

アメリカの映画批評サイトですごく評価が高かったので気になっていたのですが、配信スルーとは少し驚きでした。
先日発表されたゴールデングローブ賞では、ドラマ部門の作品賞や助演男優賞脚本賞にノミネートされ、その他の賞レースにも多く絡んでいる作品です。
〜あらすじ〜
家族の牧場を手放したくない…。兄弟は連続して銀行を襲撃。犯人を追うことになったのは、 州の治安を守るテキサス・レンジャーを退職目前のベテランだった。(Netflixより)
 
 
強盗を繰り返す兄弟と、それを追う警官(とその相棒)がメインキャラクターです。立場は違えど、兄弟も警官も、同じ土地で生まれて生きてきた人間なので、人生の流儀みたいなものがどこかで繋がっている感じがして、ゆえに、警官はうまく兄弟を追い詰めていくし、兄弟もその手からうまく逃れていきます。
 
あまりステレオタイプに物事を捉えるのは好きではないですが、“テキサス”と聞いて浮かぶイメージが全て詰め込まれている感じの作品でした。簡単に言うと、銃に始まり銃に終わる映画です。
兄弟が犯罪に手を染めた理由には、医療費による自己破産などアメリカ社会の闇を感じずにはいられなかったので、いろいろなことを考えてしまったし、警官をはじめとするキャラクター描写の背景にも、様々な社会問題が投影されているように思いました。
 
重い拳をドーンと頭に打ち付けられて、見終わった後もずっとキャラクターのことを考えてしまう映画でした。男くさくて不器用なんだけど、思いやりに溢れた彼らなりの愛情表現が胸を打ちました。
バディムービーとしてもかっこいいし、ニュースなどでは表面的にしか受け取れないアメリカ南部の現実も感じることのできる作品でした。

f:id:bobourata:20161222023817j:plain