bobourata

脚本の勉強をしています。見た作品の事とか考えてる事を書くと思います。始めたばかりです

手帳に何を書くか問題

あけましておめでとうございます。
 
年末年始を実家で過ごせなかった時って、年越した感が全く湧いてこないので、未だに2016年を引きずった感じです。
 
1、2日は何にもしないまま時が過ぎましたが、3日からは、毎晩映画を見ています。
 
一昨年、手帳に仕事のスケジュールしか書かなかったことを後悔して、去年からは、見た映画のタイトルを手帳に記録するようになったのですが、新年一発目に映画を見た後それを記録しようと思った時に、これまで使っていた16年の手帳の続きがなくなっているのに気づいて、やっと年が変わったことを実感しました。
今年の手帳は、おじいちゃんがプレゼントしてくれた手帳を使います。去年もおじいちゃんおばあちゃんが手帳をプレゼントしてくれたのですが、わんちゃんの絵柄がかわいすぎて、当時の職場には持っていけなかったので家用の手帳として使っていました。
 
去年仕事を辞めてからは、嬉しいことがあった時はそのことも手帳に書き残すようにしていて、内容は、「会社辞めた翌々日に会った友達がいっぱい元気をくれて、その喜びを忘れたくなくて、見たらこの日の事を思い出せるように映画のブルーレイを買って帰った」という報告だったり、久しぶりに会えた友達が教えてくれたおすすめ映画のタイトルをひたすら羅列していたり、妹が泊まりに来た時に起きたことを朝から晩まで時系列で記録していたり、夢の中で好きなドラマの登場人物と会えたことを事細かに書いていたりと、実にカオスなのですが、嬉しかったことを忘れない内に必死に文字で残しておいたことは、無駄ではなかったかも、と読み返しながら感じました。
(ちなみに、友達と会った思い出を忘れたくなくて買ったのは『花とアリス殺人事件』と『サンキュー、ボーイズ』で、友達が教えてくれた映画は『ニューヨークの巴里夫』やNetflixで限定配信されている『双子物語』などでした。)
 
今年は、手帳にどんなことを書きながら過ごすのか、見た映画のタイトルを記録すること以外は今はまだ想像がつきませんが、来年あたり読み返した時にクスッとできるようなことが書いてある、そんな1年を過ごせるといいなと思いました。とりあえずは、シナリオをたくさん書いてブログもたくさん書いていこうっていうのが今いちばんの目標です。あと、素敵な映画や本にたくさん出会いたいです。
 
ちなみに、今年の初夢は、川上未映子さんとおしゃべりしている夢でした。とっても幸先のいい夢だ!と思いました。いい加減「あこがれ」を買って読もうと思います。
 
〜雑談〜
昨日、10日ぶりぐらいにFacebookを見てみたら、ポジティブすぎる投稿が並びまくっていて、見てるだけで体を壊しそうになりました。Facebookって恐ろしいなと思いました。みんな前向きなことを書いて自分を奮い立たせるんでしょうか、時々ネガティブだったり毒っ気だったりがあったほうが、魅力を感じるけどなぁと思いながら、なんだかんだ1時間ぐらいみんなの投稿を読んでしまいました。1時間読んで得たことは、新年の抱負を空の写真とともにあげる人多いんだな、という謎の発見のみです。
あと、同世代の友達が何人もパパとママになっていることを投稿を見て再確認し、なんだかとっても感慨深くなりました。今の時代に生まれた子どもたちは、いろんな形で親が残した自分の成長の記録を見ることができるんだなと思うと、友達の投稿にうかつなコメント書けないなと思いました。あれ、そう考えると、ポジティブ投稿が溢れかえるFacebookには、それなりに理由があるってことか…と、Facebookを見ながら感じた疑問は、なんとなくですが、あっという間に解決しました。
 
こんなことばかり書くと思いますが、今年もどうぞよろしくお願いします。