学生時代の健康診断の話

先日、ネットでこんなニュースを見た。

「胸の音聞きますね」と言って“わいせつ行為”か 医師を逮捕 健康診断で18歳の女子学生の体を触った疑い

健康診断で女子学生に“わいせつ行為”をした疑いで医師を逮捕です。

警察によりますと、逮捕された名古屋市天白区の医師、岩崎博文容疑者(44)は4月、名古屋市西区の専門学校で、健康診断を受けた18歳の女子学生2人に「胸の音聞きますね。服上げて」などと言いながら体を触るなどした、準強制わいせつの疑いが持たれています。
女子学生の母親から警察に相談があり発覚しました。


取り調べに対し岩崎容疑者は「わいせつ行為はしていません」と容疑を否認しています。
この日は専門学校の新入生が健康診断を受けていて、警察は他にも被害者がいないか調べを進める方針です。

newsdig.tbs.co.jp

 

記事を読んだ日、ほとんど睡眠がとれなかった。

 

私も大学生のとき、全く同じような経験をした。新学期の健康診断の時のことだ。
感染病にかかり学校で実施された健康診断に参加出来ず、後日学校からの指示で行った地域の保健所?保健センター?みたいなところで被害に遭った。診察室には看護師さんが2人もいたのに、誰も先生の動きを止めてくれず、私が動揺しているのを察したのか、帰り際に「丁寧な先生なんです」と、フォローにも何にもならないことを言われた。

すごく傷ついたけど、当時の私は「こんなことで騒いでも誰も相手にしてくれないだろうしな……」「自分が気にしすぎているだけだよな……」と思い、どこに相談すればいいかも分からず、結局誰にも何も言えずにやり過ごしてしまった。
でも、その後も病気になって病院を探す度にこの時の経験がフラッシュバックして、身体に触れられる診察がありそうな時は、女の先生がいる病院にしか行けなくなった。

被害を受けた数年後、映像作品や本を通してフェミニズムについて深く学び、理解できるようになり、自分の視点で自分や女性の立場を客観視することができるようになって初めて、あの時の自分は何も悪くなかった、気にしすぎでも何でもなく自分は被害者だったんだと気づいた。
自分の身に起きたことをしっかり受け止め、理解できるまでに時間がかかりすぎてしまったことが、恥ずかしかったし情けなく感じたけど、でも、それもこれも知らないうちに社会から植え付けられていた価値観のせいだよな?と考えると、日本の「女の自尊心を削りまくる社会構造」そのものに怒りが湧いた。

大学生の時の私に、今の自分が持っている意思や知識やあれば、学校や先生に相談するなりして医者や医療施設に抗議できたかもしれないと考えるだけで、悔しくてたまらない。
私があの時行動を起こせなかったことで、私の後にも同じ被害に遭った人がいるかもしれないと思うと、余計に悔しい。

私に加害行為をした医師は、看護師たちの態度を思い出しても、おそらく常習犯だったのではないかと思う。
あの医者が今どこで何をしているか生きているのかも分からないが、聴診器をあてるふりをして行き過ぎた診察をしている医者は、直ちにやめてください。お願いします。